Diary

2020-08-27 18:00:00

「できる」ことを増やすってどういうことでしょうか…?

 

Oleaでは、「できる」を「選択肢」として捉えています。

どういうことかと言うと…

 

IMG20200815122118.jpg

 

これは、あるお子さんが自分で用意した箸とフォークです。

 

◯大好きなきゅうりはフォークで食べたい。

(食べやすさと刺した時の感触が良いのでしょう)

◯その他は箸で食べたい。

 

ということで、2つの道具を自分で用意しています。

 

箸も使える、フォークも使える、スプーンも使えるという中から、

箸とフォークを用意。(しかも自分だけ。他の人は箸のみ用意してくれました)

もちろん、箸できゅうりも食べることはできますが、

ここは本人の「この道具を使いたい」気持ちを大切にしています。

 

ある日は、リクエストでハッシュドビーフをつくったところ、

みんなにスプーンとフォークを用意。

(この日は、パートナーがアシスタントになるくらい、

 ほぼ自分で料理を進めていました)

※Oleaでは、子供達とくらしをともにする大人をパートナーと呼んでいます。

 

IMG20200801115659.jpg

 

メニューを見て、使いやすい道具を出す。

よく見て感じて考えていますね!

 

食事の際に、効率的に道具を使うには、箸、フォーク、スプーンなど、

それぞれ使えるスキルを獲得していることが前提となります。

それぞれのスキルを育むことは、子供達の効率的な道具の選択につながります。

 

 

このことは食事の場面だけではありません。

みなさんも普段の生活の中で自然に「選択」して行動していると思います。

 

例えば…

◯洗濯機のコース選択(お急ぎコース?毛布コース?)

◯掃除用具の選択(掃除機?乾拭き?水拭き?)

◯衣服の選択(半袖?長袖?)

などなど…

 

Oleaでは、使えるスキルをたくさん増やし、

それらの中から効率の良いものを選択し、

効率的に使えるようになることを目指しています。

たくさんの「できる」(=選択肢)を増やし、効率的に使える力を一緒に育みませんか?