Diary

2020-08-30 18:00:00

前回の記事に引き続き、

当教室で実施した研修について、お伝えします。

(当教室での新型コロナウィルス感染防止対策を施し、

 研修を実施しています。

 

2回目は、研修生とのことです。

 

研修2日目に「生活スキル」について、

研修生と具体的にディスカッションしました。

 

場面によって必要な生活スキルは違うのか…

どうしたら生活スキルは身につくのか…

どんな場面で生活スキルは身につくのか…

 

その人の「生活」の背景(習慣)によっても、考え方は違います。

しかし、共通することもたくさんありました。

 

個別で、集団で、成長過程で、それぞれ育む生活スキルがあり、

適切な場面設定が必要であること(必然性)を確認しました。

 

さらに、子供達の食事をイメージして、食事バランスを考えながら

メニュー開発をしてもらい、実際に料理。

 味付け、色合い、調理方法など、早速プログラムに取り入れました。

子供達も「おいしいね!」と大好評。

 

IMG20200819122554.jpg

 

研修の感想から…(抜粋)

◯ 卒後や学校以外の公共機関での生活スキルもそうだが、

 家庭での生活スキルも重要視しなければならないと強く感じた。

◯ 印象に残ったキーワードは「ストーリー」と「バウムクーヘン」である。

◯ 子供の成長の捉え方として、無理強いしたり、急いだりせず、

 本当に身についたか、

 人や場所などの環境が変わってもそれができるのか、

 じっくり確かめることを意識すると、

 バウムクーヘンのように、変わっていないように見えても

 ゆっくりじっくり大きくなっていくことが成長であること。

 

感想から、Oleaが大切にしていることを

感じとってくれたことがわかり、うれしく思います。

 

今後も、もっともっと私達のConceptが

みなさんに伝わるようにいろいろな形で発信し続けます!