Diary

2021-09-07 12:00:00

パートナーのつぶやき…身だしなみを整える

スクリーンショット 2021-08-30 17.50.21.png

みなさん、こんにちは。
くらしのまなび舎Oleaの竹内です。

身だしなみ…大切とは言われますが、お子さん、どのくらい自分で整えていますか?

例えば、こんな状況…
・シャツの裾を出しているのか、しまっているのか…
・ズボンの裾の上から靴下履いちゃった…
・襟が内側に入っちゃった…
・寝癖ぴょーん…
・目や口のまわり、何かついてる…
・爪が汚れている…伸びている…  などなど

教員時代にも、登校後に子どもたちと鏡を見ながら確認したものです。
これらの状況を把握して、改善するにはいくつもの力が必要です。
把握するには、直接または鏡で見る、違和感を感じとるなどの力が必要です。
改善するには、改善後の自分をイメージして体を動かしたり、道具を使いこなす力が必要です。
身だしなみは、人に与える印象も大きいです。
朝「いってきます」の前に…日中トイレに行ったときに…など、自分で意識して整えることができるようになるといいですよね。
冒頭の写真のお子さんもドライヤーに慣れてきたことをご家族に伝えたところ「お風呂の後に髪を整えておけば、朝かわいいのに!」とお子さんに声をかけていたのが印象的です。

Oleaでは、身だしなみに関してもその都度意識できるように言葉かけをし、本人と一緒に鏡を見たり、実際に直したりする場面をつくっています。
とはいえ、鏡を見たり違和感を感じとったりして状況を把握したり、その状況を改善したりすることは、すぐにできるようにはなりません。
なので、リラックスタイム、運動、あそびの場面で、視線の使い方やボディイメージが高まるような取り組みをしています。

また、改善に必要な道具を安全につかう練習もします。
冒頭の写真のお子さんがドライヤーとブラシをつかえるようになった過程をお話すると…

はじめのころはドライヤーからの温風や音に表情も固くなりがちでした…
「ここからは大丈夫?」など聞きながら、遠目から風を送ってみたり、冷風も使ってみたり…
タオルドライした髪の毛がだんだん乾く様子や、大好きな人形のように髪の毛がサラサラになっていく様子などを鏡や触感で感じる機会をつくったり…
次第に、温風や音にも慣れ、自分でドライヤーを持って乾かした方が速いことがわかると、自分でできるように!
合わせて、プラグの扱い方やドライヤーのコードの整理の仕方なども練習しました。
今では、準備から片付けまで安全に自分でできるようになりました。

ドライヤーを髪の毛全体にかけられるようになると、鏡を見ながら感覚もたよりにしてブラシで髪の毛全体をとかすことができるようになってきました。
ブラシが頭皮に当たる感覚が気になっていたようで、はじめのころは表面をなでるように動かしていましたが、最近では表面だけでなくとかしています。

今のところ、本人的には、ドライヤーもブラシも、乾いたのでOK!全体にかけられたのでOK!という様子です。これからはお子さん自身が「こんなふうに整えたいな」「こうするとおさまりがいいな」が終着点になるようになるといいなぁと思っています。ここまできてはじめて、自分で身だしなみを整える意識が育ったことになるかなぁと考えています。
そこに至るまでは、ひとつひとつの身だしなみをお子さんと一緒に整え、終着点をイメージできるように促し、お子さん自身が整えることができることを少しずつ増やしていく必要があります。(前提として、お子さんが大人のガイドを受け入れることができるようになることも大切です。)
2021-09-06 12:00:00

パートナーのつぶやき…時の流れをつくる

IMG20210812134651.jpg


みなさん、こんにちは。
くらしのまなび舎Oleaの竹内です。

サルスベリ。なんだか好きなんです。
こんもり咲いているの姿に思わずカメラを向けてしまいました。
毎年、花が咲くのを楽しみにしています。
夏の暑~い日にも、目にも鮮やかな色や目に優しい淡い色までポコポコ咲く花が愛おしいです。
まだまだ元気に咲いています!まだまだ楽しめそうですね!

毎回のレッスンの様子を、10本程度の映像と1000文字程度のレポートでご家族にお知らせしています。
最近、1年以上通室しているお子さんのレポートを書きながら、ふと…
あれ?表現が難しい…どうして…?
文章にすることは、わりと好きなというか得意な方なのですが…
そこで、お子さんの過去の映像やレポートを読み返すと…
『できる』の質が変わってきたような…
受動の『できる』から、能動の『できる』へ。

例えば、サラダをつくる場面。
以前は、「冷蔵庫からトマトときゅうりを出してね」「野菜を洗おう」「きゅうりを切ろうか」「マヨネーズだして」などなど行動のきっかけとなる言葉かけをパートナーがその都度行い、それにお子さんが応じていました。
最近は、「サラダをつくろう」とパートナーが伝えると、お子さんが材料を出して、洗って、切って、味付けをしています。

どちらも「きゅうりを切った」という事実はあります。
パートナーの言葉かけをきっかけに切ったのか、料理の流れを意識して切ったのか、意味合いは全然違いますよね?
このように、料理場面だけでなく、自分で流れをつくりながら自分の『できる』を組み合わせて生活を進めることができる場面が増えてきています。
すごいことだと思いませんか?自分で時の流れをつくるのです。

わたしたちは当たり前のように、時の流れをつくったり、時の流れに身をまかせたりしています。
Oleaに通室するお子さんにも時の流れに飲まれるだけではなく、自分でも時の流れをつくれるようになってほしいと思っています。
そのようにするには、やはり自分自身で自在に使いこなすことができる『くらす力』生活スキルを身につけることが重要です。
Oleaでは、焦らず、ゆっくり、着実に、お子さんの『くらす力』を育みます。

先日、通室生のご家族から写真が送られてきました。
9月の予定を自分でカレンダーに書き込んでいたとのこと。
自分で時の流れをつくりはじめた証拠ですね!

Trial Lesson(無料)受付中です。
個別に行いますが、オンラインでも受け付けております。
日程が合わない場合は、Contactよりご希望の日時をお知らせください。
(いくつか候補日を挙げていただけるとうれしいです‼)

2021-09-05 12:00:00

パートナーのつぶやき…社会情動的スキルと認知能力

IMG20210804103031.jpg

みなさん、こんにちは。
くらしのまなび舎Oleaの竹内です。

写真は、先日ウォーキング中に通室生がみつけたどんぐりです。
9月に入って涼しくなったら「夏、お疲れさまでした!秋になりました!」とうれしそうに言っていました。
外に出るだけで汗がタラタラと流れていた季節から、さわやかに体を動かしやすくなる季節になりました。
お子さんたちと季節を感じながらのウォーキングも楽しいものです。

さて、社会情動的スキルは、獲得が早ければ早いほど、その後の学習効果が高まると言われています。( ⇒ Concept )

この社会情動的スキルとは主に以下の3つのことが言われています。

◯最後までやりきる力
◯人とうまく関わる力
◯感情をコントロールする力

これらの社会情動的スキルは、認知能力をより効果的に使いこなすために必要不可欠です。

認知能力の例(ほんの一部)

・文字が読める、書ける(文字の形や意味などがわかる)
・時間がわかる、計算ができる(数や量などがわかる)
・一緒に並んで、まっすぐ歩く(周囲の空間や距離感などがわかる)
・ご飯粒を残さずに食べきる(物のある・なしがわかる)


認知能力も社会情動的スキルも、それ単体でトレーニングしていくのは難しく、それぞれが相互に関わりながら育っていくものです。

Oleaは、3歳のお子さんから(Oleaで育む力がお子さんにとって必要!と思い立ったらいつからでも!)通室できます。
発達年齢・生活年齢に応じ、ひとりひとりアセスメントをしながら、オーダーメイドで、プログラムを作成していきます。

お子さんの確かな力を育むために、月に6回(平日放課後4回、土日全日2回)のレッスンをおすすめしておりますが、月に2回・4回などでもお受けしています。
お子さん本人の様子やアセスメント、ご家庭とのご相談を通じ、レッスンの回数、プログラムの内容を設定しています。 

はじめは、どのお子さんも短時間のレッスンからスタートします。
特に就学前のお子さんは、まずは「人との信頼関係を結ぶこと」が大切です。
教材やおもちゃ(個別学習やあそび)など、ものを介して「人とうまく関わる力」の基礎を育み、信頼関係を築いていくことから始めます。(週1時間程度)

焦らず、ゆっくり、着実に…
小さな積み重ねが大きな流れに変わっていきます。
はじめは30分、1時間かもしれませんが、その先にはお子さんの人生にとって大切な『くらす力』の成長が待っています。
わたしたちは一緒にお子さんの『くらし』を育んでまいります。

是非、Trial Lesson(無料)にお申し込みください。
個別に行いますが、オンラインでも受け付けております。
日程が合わない場合は、Contactよりご希望の日時をお知らせください。
(いくつか候補日を挙げていただけるとうれしいです‼)

2021-09-04 12:00:00

パートナーのつぶやき…体験してみませんか?

1615018685448.jpg


みなさん、こんにちは。
くらしのまなび舎Oleaの竹内です。

9月のTrial Lessonの予定を載せました。
今月からテーマを決めて、Trial Lessonを行いたいと思います。
Trial Lessonではレッスンの体験だけではなく、『Oleaくらしのアセスメント(簡易版)』を実施し、お子さんの強みや課題についてお話します。

9月のテーマ:『プログラミング』と『食事プログラム』

『プログラミング』→ 9月5日 ・ 9月12日
興味のあるお子さんも多いプログラムのひとつです。
Oleaでは「toio」をはじめとしたアンプラグド教材から、パソコン・タブレットをつかったビジュアルプログラミングまで用意しています。
興味はあるけど…まだ触ったことがない、触ってみたい!というお子さんは是非この機会にお越しください。

『食事プログラム』→ 9月18日 ・ 9月25日
もうひとつは、Oleaで最も大切にしている食事です。
食が整うと、お子さんの気持ちや行動が落ち着くことがあります。
Oleaで食べることができるものを増やしたり、食べ方を練習してみませんか?


Trial Lessonの日程で、ご都合がつかない場合は、Contactよりご連絡ください。
いくつか候補日を挙げていただき、体験したい内容を以下の中から選び、お知らせください。

『食事』『学習』『プログラミング』『運動』『リラックスタイム』

ご連絡をお待ちしております。

2021-09-03 12:00:00

パートナーのつぶやき…プログラミングで『くらす力』

IMG20210314122614.jpg

みなさん、こんにちは。
くらしのまなび舎Oleaの竹内です。

これまで、プログラミング学習で育むことができる力についてお話してきました。
今日で一旦一区切り…ということで、プログラミング学習と『くらす力』について改めて書いてみたいと思います。

「toio」の「GoGo ロボットプログラミング ~ロジーボのひみつ~」では、カードでロボットの動きをプログラミングしています。


手順としては…
ロボットの動きをカードでプログラミング→ロボットにプログラムを読ませる→スタートにロボットを置く→ロボットが動く(うまくいかなかったら、プログラミングし直す…)→ゴール

ロボットは右に左に前に動くのに、カードは左から右の一方通行でプログラミングする…
まず最初にお子さんが???な表情をするところです。
ロボットを動かすための基本的なルールですが、ロボットの動きとプログラミングの流れの向きが違うので、イメージを一致させていくのが意外と難しいですよね。(「あれれ、向きが逆だ!」みたいな...)

でも、お子さん、繰り返すうちになんとなく理解してしまいます。プログラミングの意味を理解する一歩です。

また、ロボットをスタートからゴールまで動かすためには次のような力が必要です。

◯スタートはどこか、ゴールはどこか等、迷路の全体像を把握する力
◯ロボットがどんなルートを通ったらゴールにたどり着けるか、ロボットの動きを想像する力
◯ロボットがどんな動きをしたら想像したルートを辿れるか、ロボットの具体的な動き方を構築する力

これと同じことを、料理に置き換えて考えてみます。
(またも例が料理ですみません…)

◯おなかが空いたので、どんな料理を食べようか、一食の献立全体を把握する力
◯どんな食材を使おうか、どんな調理方法をしようか、料理のレシピを想像する力
◯食材の下ごしらえや加熱、混ぜる、和える等、どんな作業を組み合わせることで一食の献立を作り上げていくか、具体的な手順を構築する力

プログラミングと料理、共通することは3つあります。

◯スタートからゴールまでの全体像を把握し、自分がやりたいことを決める力
「toio」ではゴールにたどり着きたいという意思、料理ではこのメニューが食べたいという意思を持つことです。
 プログラミングも料理も、自分がどうしたいのか意思をもつことが最初の一歩になります。


◯どのようにしたら自分が望む(欲しい)ゴールの姿を実現できるか、イメージする力

「toio」では、ゴールにたどり着くまでにはどんなルートが考えられるのかをイメージしたり、料理では、食べたいメニューをつくるためには、どんな食材を使って、どのような料理方法が良さそうなのかをイメージしたりすることです。
 プログラミングも料理も、ゴールに向かう方法を固めるのが重要です。


◯ゴールに到達するための具体的な手順を順序立てて組み立てる力

「toio」では導き出したルートをたどるための方法を順序立てる、料理では、メニューで決めた料理をつくる工程を決めることです。
「toio」も料理も、あれもこれもそれもどれも…と思いついたことを一度にすることはできませんし、ゴールにたどり着くために必要な工程も考慮しなくてはなりません。


プログラミングからくらしを学び、くらしからプログラミングを学ぶ…
Oleaに通室するお子さんは、様々な本物の体験から生活スキルや社会性を学んでいます。


※ “toio”は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です


お問い合わせ → Contact

体験レッスン → Trial Lesson

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...